トップ > 法人概要

法人概要

どうぶつ家族の会は、東日本大震災被災地の動物医療の支援を目的に、動物2次診療機関であるASCの代表・永田雅彦が発起人となり、2次診療機関の獣医師や獣医専門医、親交のあった獣医師らに呼びかけて発足しました。
同会は、チャリティー集会の開催や募金活動を通じて結成目的の一定の達成を図ると共に、今後の支援活動をより安定的に継続させ、伴侶動物への理解を深めるための啓発活動をより広範囲に展開すべく、2011年11月17日、民間ボランティア団体から一般社団法人へと改組しました。

名称 一般社団法人 どうぶつ家族の会
事務所 〒182-0012 東京都調布市深大寺東町一丁目3番2号
TEL 042-480-9342  FAX 042-441-6095
ASC(アニマルスペシャリストセンター)内
代表理事 永田 雅彦
設立 平成23年11月17日
会員数 法人会員 --- / 個人会員 11名 (※2013年5月1日現在)
会員一覧はこちら

どうぶつ家族の会 シンボルマークについて

どうぶつ家族の会のシンボルマークは、
日本国旗の「日の丸」と伴侶動物をイメージさせる「しっぽ」をモチーフにした表現になっています。
東日本大震災の復興支援および被災地の動物医療支援の意を込め、 マークに掲げたメッセージは NIPPON with SHIPPO みんな、命。みんな、家族。
シッポのある家族と共に生きていくニッポンのこれからの問題をみんなで考えるきっかけになればとの願いから生まれたマークです。
シンボルマーク企画制作 /オフィスDB